ハイエースの中古車は、輸出、海外市場の中古車で

中古車業界では、ハイエースの中古車=海外、輸出

 

が、当たり前になっています。

 

日本国内よりもハイエースの中古車の需要が高く、

 

人気もあるので高値で売却されることが多いので海外市場、

 

輸出目的の中古車として買取されることが多い車種だと言えます。

 

年式が新しく、走行距離も少ないハイエースは、

 

国内市場の方が高く売ることが出来ます。

 

また、グレードも高グレード(スーパーGL)のハイエースバンは、

 

国内、日本市場で人気が高いと言えますが、

 

ハイエースDXクラスのグレードのハイエースは、

 

国内よりも海外、輸出がメインになることもあります。

 

海外、輸出で人気の国産車としては

 

ランドクルーザーなどの高級4WD車なども高値で

 

取引されることから盗難が多くなった時期があるほど、

 

海外市場の中古車は今では、

 

海外輸出をメインにする

 

中古車業者も増えてきたと言えます。

 

ここ数年は、荷物が多く運ぶことが出来る

 

国産1ボックスカー、

 

多くの人数が乗ることが

 

出来る車として1ボックスカーの需要が高まり

 

その中でもエンジンの耐久性などでハイエースが

 

特に人気が高く,高値で取引される

 

国産車として中古車査定でも海外、輸出を

 

メインに査定することも少なくありません。

 

 

国内よりも輸出、海外市場の中古車で高く売れるハイエース

100系ハイエース、年式が10年以上経つハイエース
過走行、10万キロ以上走行したハイエース
グレードが、DXクラスや5MT車などのハイエース
事故車や年式にかかわらず、程度が悪いハイエース

 

最近では、低年式や低走行車の

ハイエースも輸出、海外市場の方が

 

高値が付きやすくハイエースの中古車は

 

海外中古車市場がメインになりつつあります。

 

海外への輸出が多くなったことで、

 

日本国内のハイエース中古車価格も

 

安定して高値を推移しているので、

 

ハイエースは、リセールバリューが

 

高い車として人気が高いですね!

 

 

なら、ハイエースの中古車を売却するなら

 

輸出、海外中古車を扱う業者に売却するのが

 

高く買取してくれますよね!

 

しかし、海外や輸出の中古車を

 

メインにしている業者って怖くないですか?

 

ハイエースを査定に出したらそのまま、

 

査定価格で買取される、売却を迫られそうですよね!

 

ただのイメージですが、怖いですね!

 

では、海外向け、輸出目的のハイエースの

 

中古車査定はどうすれば出来るのか、安心で

 

その方法は、やっぱりネットの

 

車買取一括査定サイトだと思います。

 

特に提携業者数が多い

 

カーセンサーの車一括査定サイトの

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

がおすすめです。

 

全国に提携業者が多く、海外、輸出の中古車を

 

扱う業者やハイエースの中古車専門店などと

 

提携しているので、海外向け、輸出目的の

 

ハイエースの査定が出来ます。

 

 

国内、輸出や海外の中古車を考えずに売却できる方法

ハイエースは輸出、海外の中古車の方が

 

高く売ることが出来るケースも多い車種

 

ということがお分かりいただけたと思います。

 

しかし、海外中古車を取り扱う

 

中古車買取業者、輸出中古車店などの査定だけでは、

 

年式や程度、グレードなどによっては損をすることも考えられます。

 

100系ハイエースや10年落ち、20年落ちや過走行車、事故車、程度の悪い車

 

などの場合ですと海外中古車業者、輸出中古車業者の査定だけでも

 

納得できる査定金額が出ることも多いのですが

 

年式が新しく、程度の良いハイエースの場合、国内中古車としての

 

売却の方が高値査定が出やすいケースも多いと言えます。

 

ですので、国内、海外の中古車業者の両方の査定が

 

取ることが出来るのが理想だと思いませんか?

 

それを簡単にできる査定方法が、車買取一括査定サイトだと言えます。

 

無料で簡単に提携している中古車店や車買取チェーン店の査定を

 

取ることが出来ます。

 

提携業者の中には海外中古車を扱う業者があれば、国内、海外市場の

 

中古車査定が可能になります。

 

車買取一括査定サイトの中でも提携業者数が多く

 

1度の査定数が30件の「カーセンサー.net簡単ネット査定

 

が、ハイエースの査定にはおすすめです。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  
管理者情報・免責事項